子育て中歯科医の雑記帳

30代前半のオルビス好き歯科医師です。2歳の息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエットなどなど

【口コミ】敏感なゆらぎ肌の保湿に!キュレルシリーズで優しく全身スキンケア♪

こんにちは!無香料無着色が大好きな私です。

普段、顔のスキンケアにはオルビスを愛用しているのですが、今回はリップクリームやハンドクリーム、全身の保湿に使っている最強の商品をご紹介させていただきます!

私は特に産後、なぜか乾燥肌・匂いにも敏感になってしまいまして…特に冬の乾燥シーズンと、春先の花粉症のシーズンは、よく肌荒れに悩まされます。

最近はスキンケア用品も、「無香料の保湿力の高いもの」を探すことが増えました。色々試してみたのですが、その中でも花王のキュレルシリーズは

  • 保湿力がいい!
  • 敏感肌に優しい!
  • 即効性がある!

と感じたもの。私も長年愛用していて、特にリップクリームとハンドクリームはもう何本目かわかりません…実生活でも、肌荒れに悩むかたに相談されたら、まずキュレルを勧めています♪

 

 

敏感なゆらぎ肌なら、花王のキュレルを試してほしい!

私が長年使っているリップクリーム・ハンドクリーム・全身用保湿ローションは、花王のキュレルシリーズのものです!

花王のキュレルシリーズ

これが低刺激性で、荒れたお肌にも合うんです…まさに救世主!そのほかの特徴も見ていきましょう!

キュレルは乾燥性敏感肌の人のためのスキンケア用品

花王のキュレルシリーズは乾燥性敏感肌の人のための商品です。キュレルシリーズの製品にはこんな特徴があります。

  • 無香料、無着色
  • アルコールフリー
  • アレルギーテスト済み
  • セラミドの機能を補う成分配合で内側から保湿ケア
  • 消炎剤配合で荒れ性に嬉しい!即効性あり

(※化粧水など、消炎剤無配合の商品もあります)

ここまでの条件を満たすスキンケア商品は、ほかに見つかりませんでした。特にセラミドの機能を補う成分」。これがキュレルシリーズの大きな特徴だと思います。

 

 キュレルに特有の成分「セラミド機能成分」について

セラミドは細胞と細胞の間をうめる成分

いわゆる「肌」は外側から「上皮・真皮・皮下組織」の順に並んでいますが、上皮の一番外側にある「角質層」では、角質細胞と呼ばれる上皮細胞が何層にも重なっています。そして、角質細胞どうしのすき間にある成分のひとつが「セラミド」です。

 

セラミドは肌の保湿に関わる

セラミドはレンガとレンガの間のモルタルのようなもので、細胞同士の隙間がセラミドで充分に満たされていると、外部刺激に強い、肌荒れしにくい状態になります。

セラミドには、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きがあるんですね。その他にも、肌表面が潤うことで、キメが整って見えるといった嬉しい効果もあります!

 

乾燥性ゆらぎ肌…もしかしてセラミドが不足している?

お肌のバリアとして働いてくれるセラミドですが、このセラミドが不足すると、角質層のバリア機能が充分に働かなくなってしまいます。すると乾燥などの外部刺激で肌荒れしやすい、いわばスキだらけの状態に…。肌表面も、荒れやカサつきをくり返しやすくなってしまいます。

「花粉や乾燥の季節になると肌荒れを起こす」「お肌のキメが荒くなった気がする」というかたは、もしかしたらセラミド不足かもしれません。私もセラミドが不足していて、だからこそキュレルシリーズがすごくお肌に合ったのだと思います。

 

キュレルで「セラミドケア」をはじめよう!

セラミドは、乾燥性敏感肌にとって、重要な成分です。キュレルシリーズにはそんなセラミドの働きを守り補い、バリア機能を助けて潤いを保つための成分が含まれています!

 

ここから先は、私が実際に使って、肌の状態の改善が実感できたキュレルのシリーズをご紹介します!

 

唇が荒れて痛い…キュレルのリップケアクリームで保湿ケア!

キュレルのリップケアクリーム

歳をとってから、本当に唇が荒れる機会が増えました…特に冬と花粉の季節です!すぐに乾燥してヒビ割れたり皮が剥けたりして、ひどいと血が出てきてしまいます。しかもこれが他社のリップクリームを塗ってもなかなか治らなくて、しみたりすることもあります。

ところがどっこい。キュレルのリップケアクリームなら大丈夫。

 

キュレルのリップケアクリームの使い方

2~3mm出して、軽いタッチで唇にやさしくなじませます。やわらかいスティックのため、5mm以上出さないよう注意です!中身が崩れやすくなってしまいます。

 

キュレルのリップケアクリームを実際に使った効果は?

個人差はあると思いますが、私は唇の皮がめくれて血が出ているような状態でも、キュレルのリップケアクリームなら全然しみません。しかもみないどころか、数時間毎に頑張って塗ると、翌日には唇の状態が超絶良くなっているんです。その名の通り、本当に「リップをケアしてくれるクリーム」です。キュレル、すごい!

税抜850円の商品ですが、ネコポス専用ならこちらが薬局で買うより安いです。

注意!「ほんのり色づくタイプ」は消炎剤無配合

ろくに成分を確認しないで買ったら、キュレルの「ほんのり色づくタイプ」のリップケアクリームには消炎剤が入っていませんでした。そのためか、こちらのタイプでは続けて使用しても、唇荒れの状態なかなか改善されませんでした。セラミドケアはできますが、荒れた唇への即効性の効果を求めるなら普通のタイプのリップケアクリームのほうがおすすめです。

 

手がガサガサで痒い…キュレルのハンドクリームで保湿ケア

キュレルのハンドクリーム

結婚して出産し、洗い物をする機会が増えたからか、手荒れにもかなり悩まされています。食器用洗剤にも気を遣い「ヤシの実洗剤」という、これまた無香料無着色の低刺激性の食器用洗剤を使っているのですが、それでも多少の手荒れは起こります。

こんな時にもやっぱりキュレルなんです。

 

キュレルのハンドクリームの使い方

適量(直径約1.5cm)を手にとり、手指の気になる部分によくのばします。尿素ステロイド成分は無配合なので、状況に応じてたっぷり使っても問題ありません♪

 

キュレルのハンドクリームを実際に使った効果は?

キュレルのハンドクリームは「油でフタをする」というヌルヌル感はなくて、しっかり内側から潤う感じがします。それと消炎剤の効果だと思いますが、私は手荒れのキズの治りがはやくなります。数日続けるだけで本当に手が見違えるようにしっとり感を取り戻し、「状態が良くなった」という感じがします!セラミドケアの効果ですね♪

あと私は、電車の中で隣のかたが塗っていたフローラルな香りのハンドクリームの匂いで気持ち悪くなってしまった経験があり、それから「特に人前では無香料のハンドクリームをら使おう」と決めています。キュレルのハンドクリームなら無香料で安心♪外で使う機会も多いハンドクリームだからこそ、周りの人にも少し気を遣いたいものです。

キュレルのハンドクリームのフタは片手で開けられるようなタイプで、毎日こまめに塗るのに使い勝手がいいです。

キュレルのハンドクリームのフタ

テクスチャーですが、程よいかたさのあるクリームです。ヌルヌル・ベタベタ感がなく、馴染みが良いです!それでいてしっとりするので、塗った後に手を触ると気持ちいいです。

キュレルのハンドクリームの中身

税抜1,000円ほどの商品ですが、送料次第ではネットのほうが安く買えます!

 

全身の保湿には、キュレルの保湿ローション!

キュレルの保湿ローション

キュレルのリップクリーム、ハンドクリームで感動した私は、全身に使えるローションも買ってしまいました。だってヒジやスネには粉が吹いているし、膝は痒いし、肌のキメも細かくないし…もう自分には保湿ローションが必要だと思ったのです。 

さらっとのびのよいローション(乳液タイプ)は伸びがよくベタつかないので、広い範囲に使いたい時にとても便利です。顔にも使えちゃいます♪

キュレルの保湿ローションの使い方

適量を手にとり、顔やからだにやさしくなじませます。

キュレルの保湿ローションを実際に使った効果は?

嬉しいことに、お肌のキメが細かくなりました!セラミドが蘇ったのかな…夜に一度だけ塗っていますが、日中も乾燥で痒くなる、などということもなくなり、特にヒジがガッサガサで恥ずかしいくらいだったのですが、キュレルでかなり蘇りました〜!

 

ポンプタイプもありますが、私は持ち運びを考え片手でも開けられるフタタイプにしました。

キュレルの保湿ローションのフタ

テクスチャーは、ハンドクリームよりサラサラした乳液になります。物足りない時はこちらを全身に伸ばして塗り、その上から部分的に全身用クリームを塗ると良さそうです。

ベタベタしないので、塗った直後にすぐ肌着や服を着ることができます。

キュレルの保湿ローションの中身

赤ちゃんにも使えます

キュレルの保湿ローションはデリケートな赤ちゃんのお肌にも使えます!これ1つで、自分と赤ちゃんふたりの保湿ができるので、時短になってオススメです!私も2歳の息子と一緒に使っています♪

 

 薬局では税抜1,300円ほどでしたが、やはり送料次第でネットの方が安く変えます!

 

キュレルの無料サンプルのもらいかた

キュレルの公式HPでは、毎月サンプルが無料で当たるキャンペーンをやっています!「お試しで使ってから商品を買うか決めたい」というかたは、ぜひチェックしてみてください♪

 

まとめ ゆらぎ肌こそセラミドケアを♪

ただ「油でフタをする」だけの保湿剤だと、油がバリアの代わりになりその場では潤ったように感じるかもしれませんが、油の下の細胞たちはセラミド不足でカラカラに乾いたような状態です。細胞の「油が塗られていないと荒れてしまう」という状態はなかなか改善されません。

なので、長期的にお肌の細胞の健康を考えるなら、細胞のつながりを強くする「セラミドの働きを補う成分」の存在はとても重要です。

あなたもキュレルのセラミドケアで、荒れやすいゆらぎ肌を根本からケアしてみませんか?