子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

【口コミ】キッズラインのベビーシッターサービスを利用しました

こんにちは!先日より数回、キッズラインのベビーシッターサービスを利用してみましたので、当日の子どもの様子や感想・反省点などを簡単にレポします!

 

 

キッズラインとは?

f:id:chocolate_ayaka:20181222162034p:plain

(画像引用元:https://kidsline.me/login_parent)

 こちらの記事にも書いていますが、キッズラインは1時間1,000円~即日手配も可能な、オンラインベビーシッターサービスです。家事代行も頼めます。

www.ayaka-dent.xyz

最近、他のシッター派遣サービスにも登録したのですが、そこは年会費ありの会員価格で一律1時間2,000円。年会費無しの会員価格だと一律1時間2,500円です。

キッズラインは口コミ評価などを参考にしながらシッターさんを自分で選べる上、安い方だと1時間1,000円ちょっとで頼めます。

キッズラインでベビーシッターを頼んだ理由・日時

数あるベビーシッター派遣サービスの中でキッズラインを選んでみた理由は、まず価格の安さ。他のそれと以前、保育園に落ちたときのキッズラインのキャンペーンで登録は済ませていたので、ササッと利用できる状況だったこともあります。

www.ayaka-dent.xyz

 

2018年12月に2回、それぞれ別のシッターさんに頼んでみました。両日、リフレッシュ目的で、平日の午前中に3〜4時間です。午前中シッターさんに見てもらって、ご飯食べさせたら昼寝させ、半日くらい楽させてもらおうという魂胆です。だって最近の息子、マジで手の付けようがないんで…

www.ayaka-dent.xyz

 

 

ここから先は、2人のシッターさんの比較を交えながらレポしていきます!

 

サポート前日・シッターさんから確認のご連絡

サポート前日に、ひとりのシッターさんからご挨拶と、キャンセルやサポート時間の変更はないかの確認のご連絡をいただきました。優しいお気遣いに緊張感が緩みます。

 

サポート当日・開始時間前にシッターさん到着

サポート当日。おふたりとも、サポート開始の5〜10分前に来てくれました。

息子はファミサポやジムの短時間託児に慣れているからか、特に女性に対しては人見知りがないのですが、おふたりに対しても泣いたりすることはなく、すぐに一緒に遊び始めてくれました。彼のこういうところ、本当に助かります。

 

サポート当日の動き

キッズラインでは家事や掃除なども頼めるのですが、今回は子ども優先、天気も良かったので自宅での遊び相手に加え、近所の公園にも行って行ってもらうことにしました。3時間あったら、

1時間 室内遊び

1時間 軽食・公園

1時間 室内遊び

といったスケジュールです。これは当日その場で決めさせていただきました。息子の軽食は私がその場で準備しましたが、事前に頼んでおけば勝手にあげてもらうことも可能です。

 

サポート当日のシッターさんや息子の様子

ファミサポでも保育士さんに(たまたまサポーターさんが保育士さんだった)託児を頼んでいるんですが、毎度本当に感心するんですけど、子どもへの物腰の柔らかさ・遊び方・なだめすかし方がプロですよね。「仕事だからそりゃそうだ」ってのもわかるんですが、子どもが苦手な私からすると本当、神かよ…って思います。

当日は「この部屋で遊んでください、この部屋は立ち入らないでください」をきちんと守ってくださり、貴重品を立ち入って欲しくないお部屋へ避けていたため、その点もとても安心できました。

イヤイヤ期の息子のグズりがごく稀に聞こえてくることもありましたが、さすがプロ、即対応してくださり、別室にいた私が呼ばれることもなく、特別困る場面はありませんでした。 

息子をみてもらっている間、私は別室でずっと仕事復帰のための作業をしていました。子どもがいると作業中断率が高すぎてどうにもならないので、この時間はとても集中できました。

 

シッターさんを頼んでから気づいた反省点

公園へはシッターさんと息子のふたりで行ってもらったのですが、今思うとあまりにも自分の警戒心が足りなかったと思います。私もついていこうと思っていたのですが、息子が何の問題もなくシッターさんと手を繋いで公園へ向かっていったので、「あれ?私いなくて大丈夫だな…」と思ってしまったのです。

頼んだシッターさん達がとても良い雰囲気で、キッズラインにて何十回何百回もシッターをされた経験があり、それでいて評価の高いおふたりでしたので、ついお任せしてしまいましたが、万が一の可能性を考えてついて行くべき、あるいは息子の服にGPSでも忍ばせておくべきでした。

お話をうかがったところ、「公園なんていつも皆さんに頼まれますから、サポート中によく行きますよー!」とのこと、あまり気にしない方も多いのかなと思いましたが、それでも私には少し心配になってしまいます。この辺の価値観は個人個人で違いますよね。どちらかというと私は心配性なので、今後は夫とも相談の上、どうするか決めたいところです。

 

当日のうちに、保育中の息子の様子がレポートとして送られてきた

キッズラインのマイページに、シッターさんから保育中の様子が記録として送られてきました。「こんなことをして遊んでいたんだ」「特に遊びで喜んでいたんだ」など、私がいなくても楽しそうに過ごせた息子の様子がよくわかり、また、息子の様子を丁寧に観察してくれているんだなと、読んでいてとても嬉しい気持ちになりました。なんか変な話、涙出てきちゃうんですよね、こういうの読むと。安心と喜びでかな。どんな形であれ「自分以外の人が息子に優しく接している」という事実はとてもありがたく、喜ばしいことだと感じます。

 

まとめ 今後も継続利用を考えています

シッターさんと公園へ行った息子、後日、なんと同じ公園にて

「オネエチャン(たぶんシッターさんのこと)。アイタイ!」

と何度も叫んでいました…今日は私と一緒に遊んでたんですけど。きっと遊び方も違うだろうし、上手に遊んでもらってよほど楽しかったのかなと思いました。こうなると同じ人に固定で頼みたくなってきますね!

私は、自分以外の人と息子が仲良くしている姿を見るととても嬉しくなります。「寂しい」とかはあまり感じません。ずっと私と一緒にいるより、いろんな刺激が受けられるし、いろんな人からたくさん優しくしてもらって、「世の中って悪くないな」と感じてほしいのです。幼稚園に入ったら教育要素が入ってきて、今以上に注意される・怒られる機会が増えてしまうと思うので…

今回は私自身も、とても良い時間が過ごせました。今後も「育児辛い!限界!」となったら、また気軽に利用したいと思います!

 

育児不向きのかたのための記事、増やしています(だって私が辛いから)。

★辛いときに読んでくれたら嬉しい

www.ayaka-dent.xyz

 

★託児付きジムとかいう神システム

www.ayaka-dent.xyz

 ★保育園落ちた?アハハ私もだよ~!

www.ayaka-dent.xyz