子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

【出産体験記】無痛分娩予定だったのにできなかった話②

f:id:chocolate_ayaka:20181206092645j:plain

こんにちは。

「無痛分娩予定だったのに結局できなかった」

という、私の出産レポ②です。前回記事はこちら↓

www.ayaka-dent.xyz

 

  

出産4日前の夜  地獄のモニタリング

緊急入院初日。入院先の病院にて、24時間胎児心拍数モニタリングがスタート。

具体的には、お腹の中の赤ちゃんの心拍数を測定する装置を、私のお腹に装着・ベルトで固定。これにより赤ちゃんの心電図が表示されるのですが、心拍数に異常が出るともれなく「ポーンポーン」と警告音(アラート)が鳴るというものです。

赤ちゃんの無事を確かめるために大切な測定なのですが、これがすっっごい頻度で警告音が鳴る

ベルトで固定しただけなので、装置の位置が簡単にズレる→ポーンポーン
赤ちゃんがお腹の中で動き回り、装置の位置がズレる→ポーンポーン
そもそも不整脈で脈がとれないことがある→ポーンポーン

24時間付けっ放しだから、基本ベッドで寝たきり。トイレへ行く時はナースコール必須。

深夜でも鳴り響く警告音。寝返りもできず、自由にトイレも行けず。

 

ポーンポーン…ポーンポーン…

 

f:id:chocolate_ayaka:20181206150554p:image

産む前からすんごい疲れました。

 

出産3日前

午前中に超音波検査がありました。お腹の赤ちゃんはよく動いていて、元気そうとのこと(ポーンポーンの原因でもある)。不整脈は相変わらずありましたが、「とりあえず元気」ということで一安心。

f:id:chocolate_ayaka:20181205103057j:image

そしてこの日は週末

「もう出産に入りたいけど、土日は人手が足りない。このまま目立つ異常がなければ、週明けに出産準備に入る」と説明を受けました。ということは、幸いにもこのまま目立つ異常がなければ、24時間モニタリングの無限ポーンポーンはあと2日は継続するんだな…(白目)

このときに無痛分娩についても聞きましたが、「当院では無痛分娩をやっていないので…誘発して経膣分娩になるかと」とのこと。

【悲報】わい、無痛分娩できず

すごいよ、高校生の時から願っていた無痛分娩。わざわざ遠い病院へ通ってまで希望した無痛分娩。臨月ギリギリにして、できないって!

 

でも本当、赤ちゃんの無事が第一。無痛どころではない。健康に生まれてきてくれるなら陣痛にも耐えようじゃないか…

と思うも、やっぱり不安と悔しさと悲しい気持ちで、ボロボロ泣いてしまいました。なんで私の出産はトラブル続きなのか。何の問題もなく出産できる人もいるのに…ギリィ…

と、泣いたりなんだりしていてもひっきりなしに鳴り響くポーンポーン。あはは、もうのんびり悲しんでもいられない。ポーンポーン

 

出産2日前

ベッドで無限ポーンポーンとともに過ごすこと、7回の採血にも慣れてきました。明日は月曜日、ついに「出産準備」とやらが始まるのだ…と、不安な気持ちで過ごします。

そしてまさかのボーナスタイム!夕方、看護師さんから「赤ちゃん元気そうだし、アラートが頻回でなければ、夜寝る間は装置を外しても良いと担当医から許可が出ました」と。

これを聞いて「このチャンス、絶対に逃せない…!!!」と思ったわたしはそれから微動だにせずモニタリングされた胎児の心拍数の変化に集中。胎児の動きに合わせ自力で装置の位置を微調整し、なんとか夜間に装置を外してもらうことができました。

f:id:chocolate_ayaka:20181205105147j:image

f:id:chocolate_ayaka:20181205105200j:image

祭り。この日は静かに、とてもゆっくり眠れました。

 

出産前日

朝から先生の説明と処置を受けます。

f:id:chocolate_ayaka:20181205105424j:image

詳しく聞けませんでしたが、血糖値や血小板数のほかにも色々と異常値が出ていたようです。「もう母体が限界」と言われました。

f:id:chocolate_ayaka:20181205105436j:image

私が受けたメトロという処置についてですが、「メトロイリンテル」「バルーン」と呼ばれるもので、しぼんだ状態の風船を子宮口に挿入し、滅菌した水を注射器でメトロ(風船)内に注入。メトロがふくらむ内側からの圧力で、子宮口を押し広げる処置です。これをしてから、定期的な弱いお腹の痛みがありました。

またこの日のお昼から、食後のインスリン注射が始まりました。毎度やっていた血糖値測定の結果が良くなかったのかな。出産間近で頭もパニック。詳しいことは聞けませんでした。

f:id:chocolate_ayaka:20181205110051j:image

f:id:chocolate_ayaka:20181205110102j:image

しかし結局この日は陣痛も来ず。明日、促進剤を使っての出産となりました。

そしてこの日も頑張ったらモニターが外れ、フリーな夜

見てください、産む前からこの疲れよう。

f:id:chocolate_ayaka:20181205110117j:image

先生にも言われましたが、確かに母体は限界ですね。無の境地です。

ここまでくると無痛がよかった〜とかそういう気持ちはもうそんなになくて、

「とにかくこのポーンポーンをもう聞きたくない」

「早く産んで自由にトイレへ行きたい」

「早く産んで赤ちゃんの無事をこの目で確かめたい」

という気持ちが強かったです。

 

ちなみに産後しばらくポーンポーンの幻聴は続きました。

 

③に続きます。