子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

子連れ海外③1歳イヤイヤ期の子と初ハワイ!空港・機内での過ごし方

1歳9ヵ月、絶賛プレイヤイヤ期の息子を連れてハワイへ行くことになった話の続きです。今回は

  • 飛行機に乗るまでの流れ
  • 機内での具体的な過ごし方

などを書いていきます。子連れ海外旅行は初めてで、いろいろと不安(特に機内での息子)でおりましたが、意外と何とかなりました!

 

前回までの記事はこちら

www.ayaka-dent.xyz

www.ayaka-dent.xyz

 

 

19時40分 成田空港着

飛行機は成田空港より22時出発の予定でした。車で早めに家を出て、成田空港のキッズパークで体力を削り、機内で寝てもらおうと思っていましたが、平日の帰宅ラッシュと時間が重なり道路が大渋滞。結局成田空港に着いたのは19時40分。手続きと食事で時間はいっぱいいっぱいでした。

チェックインカウンターはガラガラ!

f:id:chocolate_ayaka:20180926100404j:image

ベビーカーは搭乗口での預かりが可能で、ギリギリまで使っていられるとのことで、ここではスーツケースのみ預けました。このサービスは日本航空の他にも全日空ハワイアン航空デルタ航空でもあります。

 

両替所の営業時間に注意!

チェックインのあとは円をドルに両替。両替所は

  • 出国手続き前のエリア
  • 出国手続き後のエリア

の両方にありますが、営業時間が違いますので事前にチェックです!

私たちはJALで第2ターミナルからの便だったのですが、出国手続き後エリアの両替所2か所の営業時間がそれぞれ19時・20時まででした。もちろん間に合わないので、出国手続き前エリアで両替。そんな都合もあってか、チェックインカウンターは空いていたのに、両替所は結構並んでいました。時間の余裕が必要です。

f:id:chocolate_ayaka:20180926100524j:image

 

成田空港の両替所の場所・営業時間はこちらから。

 

20時すぎ 夕食

両替後、軽く夕食。第2ターミナル4階にある、200席以上の客席をもつフードコート「CAFE & DINING N's COURT」です。子連れにはこういうところが安心できていいのよね。

f:id:chocolate_ayaka:20180926100629j:image

f:id:chocolate_ayaka:20180926100705j:image

全席禁煙。キッズプレートもあり!

f:id:chocolate_ayaka:20180926100807j:image

後述もしますが、22時発便の場合、機内食は飛行機に乗って比較的すぐに運ばれてきます。空港では軽食で済ませておくのがいいです!

お店の真ん前にお手洗いがあるので、おむつ替えなどにも便利です。

 

21時 出国審査・おむつ替え&着替え

ベビーカーを預けるために、21時半頃には搭乗ゲートへ来るよう言われていました。それまでに出国審査と息子のおむつ替え&着替え、コンビニで飲み物を買い足します。おむつはおやすみマンに、着替えはパジャマに。「パジャマの方が機内で寝てくれるかな」という淡い期待による作戦でした。「半袖パジャマに長袖の薄い羽織り」というスタイルの息子。飛行機に夢中で、搭乗ゲートでの待ち時間もぐずることなく経過。

f:id:chocolate_ayaka:20180926100939j:image

搭乗ゲートにて、ベビーカーは下かごに入っている荷物を入れたままの状態で預かってもらえました。「そのままビニールを被せるので大丈夫」とのこと。ここで最大のミス。私が気づかないうちに夫が、相棒のポルバンヒップシートをベビーカーと一緒に預けてしまったのです。

つまり

  • 機内でグズられたときに抱っこひもがない
  • ホノルル国際空港着後、入国審査の長蛇の列で抱っこひもが使えない

という事態に。ここまできて腕の筋トレ?みたいな感じになっちゃったけど、預けてしまったものは仕方なし。ほかの子連れの方々はみなさん抱っこひもを持っていらっしゃったので、抱っこひもは機内に持ち込むのが吉です。

 

22時 成田空港発

ここから約7時間のフライトです。子連れ優先搭乗の直後、JALの搭乗員のかたがご挨拶にいらしてくれました。どうやら座席にシールを貼り、「この席には子供がいる」と、子ども全員をチェックしてくれるようです。これは心強い!

ご挨拶のあとで、息子にバナナやおせんべい・ゼリーの入った袋をいただきました。機内食の他にいただけるサービスだったようです。おやつは持ち込んでいましたが、これはありがたい!JALの場合は、おやつの持ち込みはほどほどで大丈夫ですね。

 4つ並びの席でしたので、隣のかたに「ご迷惑おかけすることもあると思いますが、申し訳ございません」とご挨拶をしました。事前にこういう一言があるとないとで、きっと子連れへの心象は少し変わりますよね。

22時半 機内食  24時 就寝

先程空港で夕食を食べたばかりなのに、すぐに機内食が…知らなかったので、空港でガッツリ食べてしまっていました!でもJALの機内食は美味しいので難なく食べられました。

息子にもご飯が。機内食を食べる食べないが読めない場合、子どもは空港で何か食べさせておくのも正解ですね。

f:id:chocolate_ayaka:20180926101222j:image

 

空き時間の息子との過ごし方 子どもの座席はとるべき!

まず大正解だったのは息子の座席を確保したこと。2歳未満の場合、座席を購入しなくても飛行機に乗れるのですが(大人の10%の幼児運賃のみ支払う)、そうするとずっと抱っこかバシネットを利用することに。大体バシネットは体重10キロまでなので、息子の場合は抱っこになります。絶対しんどい。お尻と腰が痛くなるに決まっています。

今回は追加料金を支払って横並びの座席を3つ確保したのですが、座席の肘置きを上げてしまえばかなりのスペースが確保できましたし、大人は機内食をちゃんと食べられたし、就寝時もうまく着地できれば抱っこの必要がなく楽チン。とにかくいいことしかありませんでした。

f:id:chocolate_ayaka:20180926102402j:image

3〜4時間の短時間フライトなら抱っこでも乗り切れると思いますが、7時間以上の長時間フライトの場合は絶対に座席を確保した方がいいです!お金を出す価値が十分にあると思いました。

 

JALの座席が最高だった件

行きも帰りも、飛行機の座席にモニターが付いていて、それに大いに助けられました!!

f:id:chocolate_ayaka:20180926102557j:image

子供向けのプログラムがあり、アンパンマンやアマプラ勢御用達のミッキーマウスクラブハウスまで。

f:id:chocolate_ayaka:20180926101651j:image

息子はタッチパネルで遊べるミッキーのゲームにハマっていました。これだけで1時間は潰せたかと。

USBの充電もできました。行きと帰りでバージョンが違く、帰りはタッチパネルゲームはできませんでしたが、それでも大変ありがたかったです。

f:id:chocolate_ayaka:20180926221236j:image

 まとめ 飛行機はなんとかなる!!

フライト中JALのサービス・モニター・持ち込みのグッズを駆使し、息子は「ご機嫌か寝ているか」のほぼ2択でした。たまに喜びの奇声を発してしまうことなどはありましたが、周囲の方々も優しい方が多く、大きく困ることはありませんでした。抱っこ紐が必要な場面もなかった!

おむつ替えもトイレに台が設置されていたので問題ありませんでした。行きは寝てしまったので換えませんでしたが、帰りだけ替えました。

息子にとって初の飛行機、しかも長時間フライトということもあってかなり不安でしたが、搭乗員の方々の優しい配慮、周囲の方々の理解もあり、どうにか乗り越えることができました。これが自信につながり、「もう国内だったらどこでも余裕だね」なんて話をしたくらいです。親はのんびり休むとか、映画を楽しむとかはあまりできませんでしたが、息子の無事が何よりでした。

 

実際に機内に持ち込んでよかったもの・いらなかったもの・使ったアプリなどはこちらの記事にまとめてあります。

www.ayaka-dent.xyz