子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

産後、本気のダイエットを始めた④1ヵ月ちょい、筋トレの成果が少しだけ…!

f:id:chocolate_ayaka:20180615180044j:image

運動大嫌い、生まれてこのかた運動習慣皆無の私が、ゆるゆる筋トレ始めて1ヵ月ちょいが経過した。

おうちにある体重計は体脂肪率だの骨格筋率だのが出るやつで、私は毎月1度、こっそりそれを測っている。

その数値を踏まえた上での現在の成果をいくつか書き出したいと思う。

 

前回記事はこちら

 

www.ayaka-dent.xyz

 

 

 

 

実際やっていたこと

ここしばらく実践していたことは

  • できるだけ毎日、ベビーカー引っ張ってのウォーキング。1日5000~1万歩
  • 腹筋運動が絶望的にできないため、腹筋ローラー導入
  • スクワットは少なくとも30回をほぼ毎日
  • 毎日、どこかしらの筋が筋肉痛であるように意識して筋トレ
  • 炭水化物の量をやや制限。タンパク質と野菜を意識して取るように

 

こんなもんである。まったく運動しない日もあった。ゆるゆる。

しかし、それでも多少の成果が出てきた。

 

筋トレ成果① 疲れにくくなった

絶望的になかった体力が少しついたと思う。息子はお昼寝を1時間半~2時間するのだが、以前の私はその時間、一緒にお昼寝をしないと体力がもたなかった。特に午前中、公園で遊んだりスーパーで買い物をすると、必ずその時間は一緒にお昼寝。それが今はどうでしょう。昼寝をしない日もあるし、しても20分程度で起きられたりする。つまりその分自由時間が増えたのである。素敵!

今はウォーキングを兼ねて午前・午後と2度外出する日も珍しくない。以前の自分からは想像つかないことである。

 

筋トレ成果② できる回数が増えた

スクワットなど、最初の頃は自重のみで10回が限界。それでも次の日、太ももの裏が筋肉痛になっていた。今は11キロの息子を抱えてスクワット30回が可能に。しかもそれをしても大して筋肉痛にならない

嬉しいことだけれど、筋肉痛にならないともはや不安。ダンベルを買う予定はまだないので、動きをゆっくりにしたり、関節を伸ばしきらない動きを意識したり、回数を増やすことで負荷を増やすつもり。

 

筋トレ成果③ 体重計の数値にも変化が

体重は2.5キロほど減った。そして以前は「体脂肪率>>骨格筋量」であったのだが、今は「体脂肪率≧骨格筋量」くらいに。微々たる差すぎて測るタイミングによっては全然なのだけれど、地味に嬉しい。しかしまだまだ。

 

筋トレ成果④ 意識全般が変わった

毎日夜にスクワットしないと落ち着かなくなった。最近はどんなに疲れていようが酒を飲んでいようが、スクワットだけは絶対にやるようにしている。あとは考察するようになってきました。「前回◯◯をこれくらいやった時、筋肉痛にならなかった!負荷不足か、やり方が正しくなかったか…」と、いちいち考えて、改善を試みるクセがついてきたと思う。

食事についても以前より栄養面を気にするようになり、今のところ納豆を毎日食べ、鶏むね肉と鯖の水煮缶をタンパク源として頻繁に摂取している。カロリーのみを気にしていた頃より健康的なダイエットかと思う。

 

まだ目立つ変化がないところもある

f:id:chocolate_ayaka:20180615180321j:image

鏡で見たときの自分の体型。特に太ももはよく見ているのだけれど、1ヵ月ちょいではまるで変化なし。気持ち、お尻が持ち上がったかもしれないけれど、多分誤差の範囲。

「体型変化がわかるようになるまで3ヵ月」という話を聞いたことがあるので、今後に期待したいところ。

 

まとめ 筋トレは裏切らないは本当だった

f:id:chocolate_ayaka:20180615180054j:image

筋トレなんてしたことのない私は「筋トレなんてできるわけない」「私でも本当に変わるのかな」と、その成果に半信半疑だった。でも、1ヵ月ちょい継続して、ほんの少しだけ変化が出てきた。もうこれは「筋トレは裏切らない」といっていいだろう。筋トレは、努力した分だけ成果が返ってくるものだ

今後もゆるく自宅での筋トレを続けていきます。

次記事はこちら。

 

www.ayaka-dent.xyz