子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

お手軽観葉植物!初心者におススメのガジュマルの育て方とは?

f:id:chocolate_ayaka:20180515163642j:image

20代中頃よりサボテンや多肉植物を育て始め、最近はチランジア(エアプランツ)も増やしました。私がいかに植物好きかという話は自己紹介文に少し書いていますので、よろしければそちらをご覧ください。

www.ayaka-dent.xyz

この辺りの植物は虫がつきにくいし割と丈夫なので、「植物は好きだけど虫がね…」「普段忙しいし世話が面倒で…」というかたにおすすめです。ズボラ人間でも植物ライフ、いけますぜ。

 

 ガジュマルを買いました

年を取ってから、何かにつけて植物が欲しくなってしまうようになりました。植物は癒し、緑のある生活は本当にいいものです。

先日、息子のHPを削りにショッピングモールに出かけて、ベビーカーでいい具合に寝た隙に、遂に初の観葉植物、ガジュマルを買ってしまいました。

植え替えまだですが↓

f:id:chocolate_ayaka:20180515165224j:image

ガジュマルは「多幸の木」とか、沖縄では「精霊キジムナーが住む木」とも呼ばれているそうです。このフォルムがなんとも言えず素敵。

ここでガジュマルについて少し書いておきます。

ガジュマルとは

 

  1. クワ科フィクス属の観葉植物
  2. 栽培難易度はやや優しめで初心者向け
  3. 原産地は沖縄、インド、東南アジア
  4. 耐暑性はあるが、耐寒性が弱い
  5. 耐陰性あり
  6. 湿潤な空気を好むが、根腐れの問題もあるので葉水がおススメ
  7. 水はけの良い土で育てる

 

日光が好きな観葉植物のようなので、春〜秋は朝日だけ当たるベランダか玄関先で管理して、冬は室内管理にしようと思います。葉水が必要だそうなので、そうなるとベランダのチランジアたちの近くがいいかな〜。霧吹きで一緒に水やりができますので。

 

狭小住宅における日当たり確保問題

日当たりの問題で植物を育てることを断念しているかたもいらっしゃるのではと思います。うちも日当たりの良い家ではありませんが、特に多肉植物やサボテン、チランジアには「一日中日光が当たっていないとダメ」という子はいない気がします。

うちには現在、100均や植物専門店で買ったチランジアたちが4種います。この子は100均出身のイオナンタ。

f:id:chocolate_ayaka:20180515165243j:image

ベランダにラティスを立て掛けて管理しています。うちは朝日しか当たらない日当たりの悪いベランダなのですが、ラティスを使うことで高さを稼いで、日光のあたる時間を少し延長しています。ベランダにいるチランジアたちはもともとそこまでギラギラの日光が好きな植物ではないので、これで問題なく育ってくれています。ベランダが狭くてもラティスを使えば引っ掛けて植物を置けるので大変におススメです。

ベランダの手すりに受け皿を引っ掛ける方法もおススメです。100均の結束バンドで固定して落下を防いでいます。これなら邪魔にならないし、屋根を越えて張り出す分、日当たりも稼げます。

日当たりが良ければ室内管理したいのですが、そういう家ではないのでうちの植物たちは冬以外、屋外管理でこのような工夫をしつつ管理をしています。参考になれば幸いです。