子育て中歯科医の雑記帳

30代前半の歯科医師です。2歳ほどの息子の育児中。育児情報・お出かけ・美容ダイエット・歯について。

産後、本気のダイエットを始めた①産後の激太り

f:id:chocolate_ayaka:20180513011028j:image

2018年4月下旬頃から私はダイエットを始めた。そこそこガチのやつである。

 

 

産後のデブ化と老いの加速度は異常

 

それまでの私のダイエット法は、食事制限でなんとかするタイプのやつであった。ご飯に春雨ヌードルを食べ、間食を減らし、なんとなくコントレックスとかいうクソまずい水をガブガブ飲んでおくアレである。20代はそれでなんとかなってきた。あれから十数年。現在30代。産後。

もう、どうにもならない。

ちょっとやそっとの小手先の食事制限では痩せないんです、特に卒乳後は不可能。

産後デブの絶望感すごいです。

体型もめっちゃ変わりました。何故でしょうね、妊娠中から運動しないでゴロゴロしていたからかな?それとも骨盤が開いたから?仮に同じ体重でも、産前と産後で体型は凄まじく変わる。どんなに素敵な服を着ても、

鏡の前には育児でめっきり老け込んだ、全身肉まみれのババアが突っ立ってるっていう現実よ。

 

息するだけで太る原理について本気出して考えてみた

 

あとね、痩せない。本当痩せないの。息してるだけで太るから、たぶん潰されたカステラとかから逃げてきたカロリーが、産後の母親の元に飛んでくる仕組みだね。(サンドウィッチマン伊達さんのカロリーゼロ理論より展開した持論)

そして、食べるよねお菓子。それしか楽しみねーから育児ってアルフォートとか大袋で買ってもいつのまにか無くなっているよ。板チョコだってちょっとした隙に齧るよ。まぁ大体、お子様が理不尽にぐずりだしたりしたときにゴリゴリ削られる心をなんとか正常に保つために食べるよね。だからもうこれはある程度仕方ないの。

f:id:chocolate_ayaka:20180513004603j:image

そんなんで私は低身長なのに産前の体重プラス4キロを維持し続け、デブ服(※)ばかり着るようになった。(※デブ服:ゆったりしていて、二の腕やケツの隠れる、デブに優しい服。チュニックなど)

でもある日、ネットでデブ服探しながらふと思った。「私このまま死ぬまでデブ服着るのかな」と。今まで、産後太りはある程度仕方ないと言い聞かせてきたけれど、

「いつまで産後をうたってんだこのデブ」

と。

それでダイエットをしよう、もう産前の体重に戻そうと思った。

でも色々調べて考えて、結局、体重にはこだわらず、ダイエットに筋トレを取り入れ、脂肪を減らし筋量を増やそう、という結論に至った。もはや自分には筋トレをしない理由がなかった。今度はその辺の理由を②で書いていく。

 

次回記事の②はこちら↓

私が産後、本気のダイエットを始めた理由②筋トレのメリット - 子育て中歯科医の雑記帳